不動産管理ソフトを選ぶとき最も大切なポイントは「自社の業務に適合しているか」ということです。

どのソフトでも同じように全ての機能が標準装備されているわけではなく、せっかく高いソフトを買ったのにほとんど業務の効率化に役立っていないという失敗例も耳にすることがあります。

不動産の賃貸管理ソフトを導入する際には、どのような点に注意すれば失敗を防げるのでしょうか。以下に主な注意点を書き出してみました。

  • 自社に必要な帳票出力が可能か
  • ファームバンキングに対応しているか
  • ポータルサイトに広告出稿できるか
  • 月額保守料金は幾らでどこまで対応しているか
  • サポートは丁寧で親切か

ファームバンキングや広告出稿機能がオプションで付けられるかどうかは大きな違いです。

現状で物件数が少なくて管理が簡単でも、年数が経つごとに信用も増して取扱物件数も増えていきます。

その時になって必要な機能に対応していないためにソフトを変えなければならないのでは、それまでの苦労が水の泡です。

最初から後々の企業の成長も視野に入れた不動産管理ソフト選びを心掛けてください。