このページでは、不動産管理ソフト「@プロパティ」について解説しています。

「@プロパティ」の特徴と導入費用

  • バージョンアップ費用不要のクラウドサービス

「@プロパティ」はブラウザだけで操作できる、クラウド感覚の賃貸管理サービスです。

各地の不動産の運用情報や業務連絡をインターネットで一元管理できるため、関係者間で情報の共有がスムーズに行えます。

@プロパティには機能を限定した「@プロパティLite」も用意されていて、比較的少人数で利用する場合に最小のコストで使用できるよう工夫されています。

またオプションで会計システム連携や一括データ登録、バンキング自動消込など様々な機能も用意されています。

価格・費用

パッケージや物件数によって異なります(要問い合わせ)。

「@プロパティLite」は初期費用(契約ID発行手数料)5万円。月額利用料金は物件数により2万円から10万円です。ユーザー追加料金は1ユーザ追加ごとに月額 2万円が加算されます。

機能一覧

  • 不動産資産の基本情報管理(名称・所在地・仕様・価格などの情報を管理)

サポート体制

利用者のサポートのためのサポートセンターを設けて、バージョンアップやメンテナンス情報の連絡、最新版マニュアル提供、操作方法などの問い合わせに対する回答を行なっています。

サポート時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00

企業概要

  • 管理運営会社/プロパティデータバンク株式会社
  • 所在地/〒105-0013 東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル
  • 設立/2000年10月
  • HP/http://www.propertydbk.com/