作業効率UP!「不動産管理ソフト」導入のススメ

このサイトでは、数ある不動産管理ソフトのなかから、汎用性の高いものを厳選して紹介しています。
また、ソフト選びのポイントやFAQ、企業の導入事例なども掲載しています。

>>>不動産管理ソフト比較リストはこちら

不動産管理ソフト導入のメリット

疑問

煩雑な賃貸管理業務の作業効率アップ

銀行の入出金管理の時間を短縮

効果的に賃貸物件の広告を出稿

「不動産管理ソフト」を導入することにより、企業には以上のようなメリットがあります。

100以上の物件を扱う会社であれば、作業ミスによる損失や時間的ロスを無くしたいもの。そのため、不動産管理ソフトの導入が不可欠と言えるでしょう。

不動産管理ソフトの主な機能

標準的なスペックとしては以下のような機能がついています。

物件管理
入出金管理
各種帳票
契約書等
書類出力
修繕情報の管理
請求書作成

業務の手助けになる機能がサポートされているものが多く、少数のスタッフで多数の物件管理が可能になります。 

>>>厳選5社の「不動産管理ソフト」を比較してみました

最新の機能にも注目!

解決

不動産の賃貸管理では銀行振込や自動引落による入出金管理も欠かせません。
賃貸管理ソフトには銀行データと連動して入出金管理を行うファームバンキング機能をオプションで用意しているものもあります。
ファームバンキングは入出金処理が不動産管理ソフトから直接行えるばかりでなく、銀行データとソフトの入出金データの整合性を確認する上でも大きな役割を果たします。

今まで、銀行データと管理ソフトの照合に丸2日かけていたものが、ファームバンキングによって2分に短縮された例もあるほどです。

また他のソフトとの連動によって自社ホームページを作成して物件データを共有したり、自社の物件データを更新・登録するだけで同時にインターネットの不動産ポータルサイトに広告出稿が行えるなどの便利な機能が搭載された不動産管理ソフトもあります。

ソフト単体で十分な機能を持っていることも大切ですが、必要に応じてオプションで機能を拡張できる自由度にも注目したいところです。